バイクの免許を取ったばかりの初心者でも簡単に運転ができる125ccクラスのバイク。原付二種とよばれることもありますが、レンタルバイクとして貸し出されている車種も豊富です。

今回は、125ccのレンタルバイクに乗るメリットを紹介するとともに、特にどのような方におすすめできるのか詳しく解説します。

 

■バイクを購入する前に乗り心地や使い勝手を確かめられる

バイクを購入する際、販売店によっては試乗可能なケースもありますが、すべての車種を試乗することはできません。たとえば50ccから125ccへグレードアップを検討している方や、反対に250ccクラスや400ccクラスから125ccクラスへグレードを落としたいと考えている方もいることでしょう。

当然のことながら、エンジンの排気量が変わると乗り心地やパワーも大きく異なってくるもの。自分にとって125ccクラスのバイクが本当に適しているのか、デザインや車体の取り回しなども含めて後悔のない買い物をするためにもレンタルバイクは有効な手段といえるのです。

 

■原付二種免許しか持っていない方もツーリングを楽しめる

125ccクラスのバイクを運転するためには、原付二種の免許が不可欠となります。もちろん、普通二輪免許でも125ccクラスは運転できますが、通勤や通学の用途を想定して、あえて費用が安い原付二種免許を取得したという方もいるのではないでしょうか。

友人や知人でツーリングを楽しむ際に、レンタルバイクを活用すれば、新たに普通二輪免許を取得する必要もなく、経済的にバイクの運転を楽しむことができます。

ちなみに、125ccのバイクは50ccもパワフルで400ccクラスよりも機動性が良い車種が多いため、初心者の方でも比較的運転がしやすい特徴もあります。バイクファンの中には125ccの走りに魅了される方も多く、セカンドバイクとして125ccを選ぶ方も少なくありません。

 

■自宅に駐輪場がなくてもツーリングを楽しめる

125ccクラスのバイクは車体本体価格が手頃で購入しやすい価格帯ではありますが、それ以上に気がかりなのが駐輪場の確保です。スペースに余裕のある一戸建てにお住まいの方であれば問題ありませんが、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、駐輪場に空きがなくバイクを停められないケースも少なくありません。バイクのために駐車場やレンタルボックスを借りる手段もありますが、毎月の出費もかさんでしまいます。

しかし、レンタルバイクを活用すれば、バイクを使いたいときにだけ臨機応変に契約でき、自宅の駐輪スペースを気にする必要もありません。バイクの主な使用用途がツーリングなどの趣味で、そもそも使用頻度が低い場合は購入よりもレンタルバイクが適しています。

 

■維持費を節約できる

初めてバイクを購入する方にとって、悩みの種なのが保険料や整備にかかる維持費です。特に免許を取ったばかりで運転経験の浅い方ほど保険料は高額になりがちで、車両保険まで含めると年間10万円近い金額になることも。毎日仕事や通学でバイクに乗る場合はやむを得ませんが、趣味で月に数回乗る程度であれば、バイクを購入するよりもレンタルバイクを活用したほうがトータルの料金は安くなることもあります。

また、何よりも「毎月必ず支払わなければならない固定費を抑えられる」というメリットも大きく、精神的な負担も少なくて済みます。「結婚をしてバイクを手放してしまった」「故障が多く整備に多額の費用がかかるようになったので手放してしまった」という方も、レンタルバイクであればコスト面でのリスクを気にすることなくバイクを楽しむことができるでしょう。

 

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す

レンタルバイクを車種で探す

オークネット提供サービス一覧