東北地方最大の都市である仙台市がある宮城県。仙台から少し足を伸ばすと豊かな自然に囲まれており、魅力的なツーリングスポットも数多くあります。また、東北自動車道を経由すれば1泊2日程度のツーリングにもちょうど良いほか、公共交通機関を使って現地でレンタルバイクを借りる方法もおすすめ。

今回は、宮城県のおすすめツーリングスポットをいくつかご紹介します。

■松島

天橋立、宮島と並んで日本三景に数えられているのが松島です。宮城県東部の海沿いに位置しており、毎年多くの観光客で賑わいます。

東京都からは東北自動車道を経由して約400km、バイクであれば5時間程度で到着します。新幹線で仙台駅まで向かい、レンタルバイクを借りる場合は現地までおよそ30kmのツーリングコースとなります。

松島周辺には飲食店や宿泊施設も多いため、日帰りツーリングはもちろん、日程に余裕があれば旅の疲れを癒やすために温泉を楽しみながら1泊してみるのもおすすめです。夕方から夜にかけて姿を変える松島の風景を楽しめるほか、早起きをすれば松島の絶景をバックに朝焼けを見ることも可能です。

また、ホテルにチェックインした後も、松島周辺をツーリングしてみるのもおすすめです。特に松島の海沿いに沿って走る奥松島パークラインからの景色は絶景で、何度も松島に足を運びたくなるほどです。

■秋保大滝

秋保大滝は宮城県西部に位置する滝で、仙台市と山形市のちょうど中間地点にあります。宮城県でも有数の温泉街である秋保温泉から15分ほどの距離にあり、仙台市内から向かう場合は1時間程度で到着します。

滝見台から見える大滝の景色は絶景で、季節の移り変わりとともにさまざまな顔を見せてくれます。さらに間近で滝を見たい場合は、滝壺まで徒歩で降りるコースも整備されていますが、20分ほどの山道を下ることになるため、長距離ツーリングの後でも体力に自信のある方におすすめです。

マイナスイオンが降り注ぎ、真夏でも涼しい場所ではありますが、滝の落差が大きいためジャケットやパンツが水に濡れてしまう可能性もあります。帰りのツーリングで体を冷やさないよう、1枚羽織るものか着替えを用意しておくと安心です。

秋保大滝は24時間無料で楽しめますが、大型連休などの観光シーズンは駐車場が満車になる可能性もあります。また、冬のシーズンは大雪に見舞われることもあるため、バイクでのツーリングを楽しめるのは4月下旬から11月頃までとなります。

■気仙沼

ツーリングを楽しみながら宮城のグルメを満喫したい方には気仙沼がおすすめです。気仙沼は宮城県北東部に位置する港町で、ちょうど岩手との県境にあります。仙台市内からの距離はおよそ130km、三陸自動車道を経由して2時間程度のツーリングコースとなります。

フカヒレやサンマ、牡蠣など三陸の海の幸が豊富で、気仙沼市内には多くの海鮮料理を提供する飲食店が立ち並びます。特におすすめしたいのが、毎年10月に開催されている「気仙沼サンマフェスティバル」。東日本大震災からの復興を目指し始まったこのイベントでは、来場客に炭焼きのサンマが振る舞われます。2020年は新型コロナウイルスの影響で中止が決まりましたが、新型コロナウイルスが落ち着いた頃にツーリングを楽しみながら気仙沼に訪問してみてはいかがでしょうか。

■都市と自然が同居する宮城はレンタルバイクでのツーリングに最適

仙台市周辺にはレンタルバイクを提供しているショップも多く、日帰りツーリングはもちろん観光の移動手段として利用するのもおすすめです。松島や秋保大滝などの自然豊かなツーリングスポットも多く、ぜひ一度は訪れていただきたい場所です。

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す

レンタルバイクを車種で探す