フードデリバリーにレンタルバイクを活用するメリット

 

新型コロナウイルスの影響によってフードデリバリーの需要が高まっています。そのような背景のなかで注目されているのがUber Eats(ウーバーイーツ)。従来のようにお店が独自で出前の配達を行うのではなく、配達スタッフがお店に出向き、ユーザーまで商品を届けるという画期的なビジネスモデルが誕生しました。

ウーバーイーツで働くスタッフにとって配達効率を上げるために有効なのがバイクですが、レンタルバイクを活用することでさまざまなメリットが考えられます。

 

■配達に使えるおすすめレンタルバイク

ウーバーイーツでの配達を行うためには、自転車・バイク・自動車のいずれかが必要になります。自転車の利用には特に制限が設けられておらず、どのような車種でも対応可能ですが、バイクと自動車については無条件で登録できるものではありません。

126cc以上のバイク、または自動車で配達を行う場合は、一般的な白ナンバーの車両では対応できず、必ず事業用のナンバーを取得する必要があるのです。バイクの場合は緑ナンバー、自動車の場合は黒色の事業用ナンバーを取得した軽貨物車両であることが条件となります。

しかし、事業用ナンバーを取得するには手続きが必要であり、ハードルも高いもの。そこで多くの配達員は、一般的な白ナンバーでも登録可能な125cc以下のバイクを使用しています。50ccクラスの原付バイクや125ccクラスの原付二種のバイク(ジャイロキャノピー・ベンリー・アドレスなど)であれば、普段使用しているバイクをそのまま配達に利用できるほか、小回りも利いて運転しやすいため実用性が高いのです。

 

■メンテナンスが不要なレンタルバイク

ウーバーイーツの配達にレンタルバイクを利用する最大のメリットとしては、バイクのメンテナンスが不要である点が挙げられます。レンタルバイクはつねに最良のコンディションが維持されており、バイクに詳しくない人であっても安心して乗れるように整備されています。

車検が不要な原付バイクや原付二種のバイクは、普段のメンテナンスをおろそかにして整備不良を引き起こすことも多いもの。ウーバーイーツの配達用として安い中古の原付バイクを購入するのもひとつの方法ですが、必ずしもコンディションが良好とは限りません。

安全性を確保し、トラブルなく配達を行うためにも、レンタルバイクの活用は極めてメリットの大きい方法といえるでしょう。

 

■レンタルバイクは駐輪場がなくても借りられる

配達用のバイクを購入できない理由として、金銭的な問題に次いで多いのが保管場所の問題です。アパートやマンションなどの集合住宅では、専用の駐輪場が確保されているところもあれば、必ずしもそのようなスペースがないところもあります。

レンタルバイクであれば、配達が終わったときにお店にバイクを返却することになるため、自宅に保管場所がなくても問題なく配達の仕事が可能です。不動産会社や管理会社と駐輪場の契約を結ぶ必要がなく、毎月の利用料金を支払うこともないためコスト面でもメリットは大きいといえるでしょう。

 

■コストパフォーマンスが高いレンタルバイク

ウーバーイーツのホームページでは、バイクや自転車を所有していない方のために特別のレンタルプランを提供している事業者を紹介しています。東京都内や埼玉、神奈川など一部の地域に限定されていますが、月額16,000円程度でウーバーイーツでの配達用バイクを貸し出しています。

車種によっても多少条件は異なりますが、荷物の積載に特化した「ジャイロX」や「プレッサ」など、月額2〜3万円程度で使い勝手の良い車両もラインナップされています。

レンタルバイクはレンタカーよりも圧倒的に料金が安いとはいえ、原付バイクでも数時間の利用で3,000円程度のレンタル料金を支払わなければなりません。月額16,000円というのは破格の料金設定であり、保険や整備にかかる費用なども考えると、ウーバーイーツ配達用のバイクを購入するよりもコストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。

 

■レンタルバイクなら任意保険に加入済み

ウーバーイーツで配達作業を行う際に気になるのが保険の手続きです。宅配便や出前の配達員とは異なり、ウーバーイーツは個人事業主として契約しているため雇用関係にはありません。そのため、基本的には万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合においても、すべて自分自身で対応しなければならないのです。仕事でバイクに乗る機会が増えるということは、当然のことながら事故に遭うリスクも高まります。

強制加入である自賠責保険はもちろんですが、任意保険にも必ず加入しておく必要があります。しかし、保険のことがよく分からない方は手続きを後回しにしてしまい、事故に遭ったときに初めて重大さに気付くことも。

レンタルバイクであれば自動的に保険にも加入されているため、万が一事故が起こった際にも保険会社が事故の処理や相手方との交渉も行ってくれます。

 

【長期レンタル取扱店】

メリットがいっぱいのレンタルバイクによるフードデリバリー、長期レンタルもお得な料金で取扱可能な取扱店は→こちらをクリック

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す