北陸地方のなかでも有数の観光スポットがある富山県。決して大規模な都市とはいえないのですが、街全体にゆとりがあって自然と調和した街づくりがされている、住みやすい街でもあります。

北は日本海に面し、東は飛騨山脈や白馬岳といった豊かな自然に囲まれた環境の中、県内にはツーリングに最適な観光地も数多く存在します。今回は、レンタルバイクを借りて行ってみたい富山県内のツーリングスポットをいくつがご紹介します。

 

■ヒスイ海岸

ヒスイ海岸とはその名の通り、宝石のひとつである「ヒスイ」が打ち上がる海岸です。通常、ヒスイは断崖絶壁の山中で採掘されるケースが多いのですが、このヒスイ海岸は世界的にも珍しい砂浜に打ち上がってくる海岸として知られています。

富山県北東部の朝日町に位置しており、約4kmにわたって海岸線が伸びています。渚自体も非常にきれいな景色で、日本の渚百選にも選ばれるほどの絶景。ヒスイは海から打ち上げられてくるため、波の穏やかな日よりは、波が荒い日の翌日が狙い目。ヒスイ以外にもさまざまな形の石がヒスイ海岸には打ち上げられてくるため、訪れた際にはぜひ一度砂浜を散策してみてはいかがでしょうか。

東京方面から向かう場合は、北陸新幹線に乗車し糸魚川駅で降り、県内でレンタルバイクを借りて向かうプランがおすすめ。北陸自動車道沿いにあるため、初心者にとっても走りやすいはずです。

 

■黒部ダム

富山県といえば真っ先に黒部ダムを連想する方も多いのではないでしょうか。黒部ダムは富山県東部の立山町にある日本最大級のダムで、貯水量は実に2億トンを誇ります。6月下旬から10月中旬にかけて観光放水を行っており、ダム展望台や放水観覧ステージから見える光景は圧巻の一言。非現実的な空間であると同時に、ここが日本であることを忘れさせるような光景が広がります。

黒部ダムには直接バイクで乗り入れることはできず、扇沢駅にバイクを停めてバスで向かうこととなります。ちなみに、黒部ダムは富山県内にあるものの、最寄りのICは長野県にある安曇野IC。そこから90分ほどで到着するため、時間に余裕をもって向かうようにしましょう。

また、黒部ダムは秘境ともいえる山間部に位置しているため、平野部との寒暖差も極めて高い場所です。夏であっても十分な防寒対策は必須です。

 

■氷見港

氷見港は富山県北西部に位置する港です。イワシやマグロ、ブリなどの名産品が有名で、日本海で採れた豊かな海の幸を楽しむことができます。また、立山連峰を望むことができるスポットとしても知られており、海と山の風景が一体となった珍しい景色を楽しめます。

早朝には朝市が開かれているほか、ひみ番屋街という施設では鮮魚や干物の販売店も多く軒を連ねており、ツーリングのお土産を購入する際にも便利です。

氷見港までのルートは、富山駅から国道8号線と国道160号線を経由して約35km。バイクであれば1時間程度で到着するため、首都圏から向かう際には北陸新幹線の富山駅で降り、市内でレンタルバイクを借りて向かうのがおすすめです。

ただし、氷見港の朝市は当日の始発で向かっても間に合わないため、富山駅または氷見駅付近での宿泊が必須です。

 

■海と山を一度に楽しめる富山県のツーリングスポット

富山県には立山連峰をはじめとした山々と、日本海の海の幸や綺麗な渚を楽しめるツーリングスポットが数多くあります。海と山、どちらに行こうか悩んでいる方にとっては、一度に両方を楽しめる場所としておすすめです。

東京都内から向かう場合であっても、1泊2日程度のスケジュールが確保できれば新幹線とレンタルバイクを活用しながら富山県の魅力を存分に楽しむことができるはずです。

 

富山県のレンタルバイク店舗一覧を見る

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す