自然あふれる岩手をレンタルバイクでツーリング

東北地方でも有数の観光スポットが存在する岩手県。47都道府県のなかで北海道に次ぐ面積を誇り、県の東部には太平洋が、西部には奥羽山脈を望む自然豊かな土地でもあります。夏から秋にかけては全国各地からツーリングに訪れる人も多く、交通アクセスの良さもあって高い人気を誇ります。

今回は、そんな岩手県のツーリングスポットをいくつかご紹介していきましょう。

 

■小岩井農場

小岩井農場は岩手県中央部に位置する総合農場です。およそ3,000ヘクタールの広大な敷地面積を誇り、特に乳牛や羊、サラブレッドなどの育成も盛んに行われています。小岩井農場にある一本桜と、その背景に映る岩手山は岩手県を象徴する風景であり、春には多くの観光客も訪れます。

小岩井農場は盛岡市内中心部から約15km程度と近い距離にあり、新幹線で盛岡駅で降りた後、レンタルバイクを借りてツーリングを楽しむコースとしても最適。周辺の道路は整備されており、比較的渋滞も少ないため走りやすいはずです。

ただし、小岩井農場がある滝沢市および雫石町は内陸部で寒暖の差が激しいため、春や秋の季節は十分な防寒対策が必要です。11月に入ると雪が降ることもあるため、快適にツーリングを楽しめるのは5月から10月頃までと考えたほうが良いでしょう。

 

■中尊寺

中尊寺は岩手県南部に位置する寺院です。2011年に世界遺産として指定された平泉の象徴的存在であり、国の特別史跡としても登録されています。また、中尊寺は藤原氏ゆかりの寺院としても知られており、平安時代の極めて重要な文化財が多く残っています。

なかでも中尊寺の見どころとしては、国宝にも指定されている「金色堂」。その名の通り金箔が施されたお堂の中に観音様や六体の地蔵菩薩が祀られています。

5月上旬には「春の藤原まつり」、11月上旬には「秋の藤原まつり」がそれぞれ開催され、県内外から多くの観光客が訪れます。特に世界遺産に指定された2011年以降、日本国内はもとより海外からの観光客も増加しており、中尊寺は岩手県のなかでももっとも注目を集める観光スポットとして定着しました。

平泉前沢ICで降りた後は数kmとアクセスも良好で、バイク初心者にとっても安心して楽しめるはずです。ちなみに盛岡からの距離は約80km、仙台からは約100kmとなっているため、どちらからアクセスしても1時間程度で到着します。関東地方から向かう場合は仙台、北東北地方から向かう場合は盛岡でレンタルバイクを借りるとスムーズではないでしょうか。

 

■龍泉洞

龍泉洞は岩手県東部に位置する岩泉町にある鍾乳洞です。龍泉洞の中には7つの地底湖が存在することが分かっており、全長3km以上にもおよぶ極めて大きな洞窟としても有名です。また、龍泉洞にはさまざまなコウモリも生息しているほか、地底から湧き出る水は地底湖に流れ込み、非常に高い透明度を誇っています。

龍泉洞へのアクセスは盛岡市内から国道455号を経由し、約2時間で到着します。高速道路はなく、道中の大半は周囲を山に囲まれたルートとなっているため気候の急変にも備えておく必要があるでしょう。また、飲食店やガソリンスタンドの数も限られているため、休憩などで立ち寄るポイントは事前に計画しておくことも重要です。

 

■交通アクセス良好なツーリングスポットの多い岩手県

小岩井農場や中尊寺など、岩手県には交通アクセスが良好なツーリングスポットが多く存在します。新幹線や飛行機で現地に向かい、岩手県内でレンタルバイクを借りれば、日帰りや1泊2日の日程でも十分ツーリングを楽しむことができるはず。東北地方への観光や出張のついでに、レンタルバイクを活用して名所を回ってみてはいかがでしょうか。

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す

レンタルバイクを車種で探す