首都圏からも手軽に日帰り観光が可能なスポットとして人気の群馬県。温泉やスキー場など魅力ある観光地が多く、週末や大型連休になると多数の観光客が訪れます。クルマや電車で向かうのも良いですが、天気の良い日はレンタルバイクを借りてツーリングを楽しんでみるのもおすすめ。そこで今回は、群馬県内にあるおすすめのツーリングスポットをいくつかご紹介します。

 

■草津温泉

草津温泉は群馬県北東部に位置する日本有数の温泉地です。周辺には草津白根山や本白根山などがあり、草津温泉自体も標高1,000m以上の高地に立地しているという特徴をもちます。東京都心部からは200km弱の距離で、関越自動車道を経由して片道約3時間のツーリングコースとなります。

日帰りで温泉を楽しむためにツーリングに出かけるのも良いですが、週末の連休を活用して1泊2日程度の旅程を組み、ゆっくりと観光を楽しんでみるのもおすすめです。ちなみに、時間に余裕があれば遠回りになってしまいますが、嬬恋村から「嬬恋パノラマライン」を通って現地に向かうこともできます。ワインディングの多いルートでツーリングを満喫したい方にはおすすめのコースといえるでしょう。

ただし、バイク初心者にとっては多少難易度の高いコースでもあるため、決して無理は禁物です。また、嬬恋パノラマラインに入る前にはガソリンの残量も確認しておき、途中でガス欠になって立ち往生することがないように注意しましょう。

 

■渋峠

国道292号線上にある渋峠は群馬県西部と長野県の県境にまたがる峠です。なかでも多くのライダーに人気なのが「国道最高地点」。その名の通り日本の国道のなかでもっとも標高の高い場所を指し、その標高は実に2,172m。現地には「日本国道最高地点の石碑」も建てられており、写真を撮影したり眺望を楽しんだりしているライダーを多く目にします。

当然のことながら冬の季節になると厳しい寒さに見舞われ、雪も積もるため11月から4月までの約半年間は冬季閉鎖となり通行することができなくなります。また、それ以外の季節も日中と夜間の気温差が極めて激しいため、十分な防寒対策をしたうえでツーリングに臨む必要があります。

渋峠は極めて標高が高いこともあり、平地に比べて酸素濃度が薄くなります。疲労回復に時間がかかったり、体調を崩しやすくなることも少なくありません。ツーリング自体は激しい運動とはいえず影響が出るケースは少ないと思われますが、長時間にわたって休憩もとらずにツーリングをするなど、体に大きな負担をかけるようなスケジュールは避けるようにしましょう。

 

■赤城山

赤城山は群馬県中央部に位置し、日本百名山の一つに数えられています。厳密に言えば黒檜山、駒ヶ岳、地蔵岳など、複数の峰から成る火山体のことを指します。山頂には赤城神社があり、山の麓には赤城山スキー場や白樺牧場、サントリービア・バーベキューホールといったさまざまな観光施設も充実。首都圏からも距離が近くアクセスしやすいため、登山客はもちろん多くのライダーもツーリングで訪れるスポットとして有名です。

東京都心部からの距離は約150km、関越自動車道を経由すれば2時間程度で到着するため、日帰りツーリングを満喫するにはちょうど良いポイントといえるでしょう。高崎市や前橋市からも近い距離にあり、自然を楽しみつつも群馬県のグルメや名所を回ってみたいという方にも最適です。

山頂までの数kmにわたるルートはワインディングが多いですが、それ以前の道は走りやすく整備されているため、バイク初心者や慣れないレンタルバイクの運転に不安がある方でも安心してツーリングが楽しめるのではないでしょうか。

 

■お気に入りのレンタルバイクで週末ツーリングを楽しもう

都心部でレンタルバイクを借りて現地に直行する方法以外にも、電車で群馬県まで向かい、現地でレンタルバイクを借りるという方法もあります。十分な時間が確保できない場合であっても、レンタルバイクを活用すればさまざまな形でツーリングを満喫できます。今回紹介したツーリングスポット以外にも、群馬県には多くの観光地があるためぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す