日本国内の観光地のなかでも圧倒的な人気を誇る沖縄県。温暖な気候と独自の文化は訪れる人を魅了し、リピート客も多い県のひとつです。沖縄には豊かな自然を満喫できるポイントが多いため、レンタルバイクでのツーリングを楽しむのもおすすめ。そこで今回は、沖縄県のおすすめツーリングスポットをいくつかご紹介します。

 

■古宇利大橋

古宇利大橋は沖縄県名護市にある屋我地島と今帰仁村にある古宇利島にかかる橋です。全長は1,960mにおよび、海の上を走っているかのような絶景が広がります。古宇利大橋は通行料金などもなく無料で渡ることができ、道幅も比較的広く整備されているためバイク初心者であっても安心してツーリングが楽しめるはずです。

古宇利大橋の下には真っ青で透明度の高い海が広がり、景色を楽しみたい方はバイクを降りて橋の上から眺めるのもおすすめ。日常生活では感じることのできない非現実的な空間がそこには広がっています。

那覇市からレンタルバイクを借りて向かう場合は、沖縄自動車道を経由して名護市 屋我地島に渡り、そこから古宇利大橋まで向かいます。那覇市からの距離は約80km、バイクであれば約90分ほどの所要時間となりますが、週末や観光シーズンになると那覇市周辺の道路も混雑が予想されるため、十分な時間の余裕をもって向かうのがおすすめです。

また、古宇利大橋は海上にかかる長い橋ということもあり、強風の日には十分な注意が必要です。特に原付バイクなど小排気量のレンタルバイクを借りる場合は、風の影響を受けやすくハンドルを取られて転倒する危険も高まります。少しでも危険だと判断した場合は、無理をせず引き返す判断も必要です。

 

■海中道路

海中道路は沖縄県うるま市にある県道10号線の一部です。沖縄本島と周辺の離島を結ぶために造られ、全長はおよそ5km。その名の通り海の上を走行するルートとして沖縄県を代表するツーリングコースとなっています。先ほど紹介した古宇利大橋の倍以上の全長を誇り、そのほとんどが直線でのコースとなっているためバイク初心者でも安心してツーリングを楽しめます。

また、片道2車線で中央分離帯もあり道幅も広いため、マスツーリングを楽しむコースとしてもおすすめといえるでしょう。比較的交通量が多いためバイクの走りを楽しむというよりも、マイペースに周囲の風景を楽しみながらゆったりと走るのに適しているコースです。

ちなみに、海中道路には「海の駅あやはし館」という施設があり、沖縄県の特産品をお土産として購入したり、食事を楽しむこともできます。

 

■ニライカナイ橋

ニライカナイ橋は沖縄県南城市に位置しており、展望台から景色を楽しむこともできます。陸地に建てられた大きな湾曲状の橋で、天気の良い日には橋の上から太平洋の大パノラマを眺められます。展望台は入館料も無料で気軽に楽しめますが、展望台につながる道は車両で通行することができず、入り口付近にバイクを停車させて歩いて向かう必要があります。

ニライカナイ橋は那覇市からも比較的近い場所にあり、那覇空港からであればバイクで30分ほどの所要時間で到着します。沖縄の風景を満喫するのであれば那覇空港を南下し、糸満市を経由して海沿いの国道331号線を通るルートもおすすめです。また、ニライカナイ橋から東部に進むと知念岬公園もあり、そこから眺める太平洋の景色も絶景です。知念岬の風景を楽しむのであれば、ぜひ天気予報をチェックしていただき、晴天の予報が出ている日に合わせて訪れてみるのがおすすめです。

ただし、ニライカナイ橋付近は入り組んだ山道も多いため、バイクの運転に慣れていない初心者や、アメリカンやクルーザーなどの大きなレンタルバイクを借りた際などは十分な注意が必要です。

 

■沖縄の魅力を再発見するためにレンタルバイクがおすすめ

今回紹介した沖縄のツーリングスポットは、モノレールやバスで回っただけではたどり着けないような場所ばかりです。沖縄の真の魅力を再発見するためにも、沖縄観光に訪れた際には時間を作ってレンタルバイクでツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

沖縄県のレンタルバイク店舗一覧を見る

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す