東京のベッドタウンとしての顔を持ちながらも、豊かな自然も多い埼玉県。都心部から日帰りで観光に出かける人も多く、週末には観光客で賑わいます。当然、観光スポットが多いということはバイクでツーリングを楽しめる場所も存在します。今回はレンタルバイクでも手軽に楽しめる埼玉県のツーリングスポットをいくつかご紹介しましょう。

 

■秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークは埼玉県の北西部、秩父市にあるテーマパークです。公園内にはイチョウ並木やアジサイ、梅、チューリップなどさまざまな植物が管理されており、1年を通して来場者を楽しませてくれます。

東京都心部からの距離は約100km、関越自動車道を経由して約2時間程度で到着するため、レンタルバイクを借りて日帰りツーリングを楽しむには最適です。秩父ミューズパーク内には10箇所以上の駐車場が完備されているため、バイクを停める場所がなくて困る心配も不要。

晴れた日には公園内を散策して豊かな自然を満喫できるほか、万が一雨が降っていても温泉施設やコテージ、農産物の直売所、カフェなど、屋内でも楽しめる施設が充実しているため安心です。1日で回りきれないほどの広大な敷地と見どころがあるため、友人同士でのツーリングや家族でのツーリングを楽しみたい人などにもおすすめです。

 

■雷電廿六木橋

雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)は埼玉県秩父市にあるループ橋です。1998年に完成した比較的新しい橋で、中津川の上流にある滝沢ダムのすぐ近くに位置しています。関越自動車道 花園ICを降りた後に西関東連絡道路を秩父方面に進み、途中で皆野寄居バイパスに入ります。その後寄居トンネルを経由して皆野大塚ICを降り、彩甲斐街道を道なりに進んでいくと雷電廿六木橋に到着します。

秩父市街地までは比較的カーブも少なく走りやすいですが、雷電廿六木橋の直前は数kmにわたってワインディングが続く山道となっているため、バイク初心者は注意が必要です。また、目的地がダムの付近ということもあり、多くが川沿いを走行するルートとなっています。そのため、悪天候の際には川の水位が急激に上昇したり、路面も滑りやすくなるため慎重な運転が求められます。

特に山間部の天候は急変しやすく、無理をして進んでいってしまうと引き返せなくなることもあります。悪天候のなか強行突破をするのではなく、大事をとって途中で撤退する判断も求められます。

 

■道の駅両神温泉 薬師の湯

道の駅両神温泉 薬師の湯は埼玉県秩父郡小鹿野町にある道の駅です。県の北西部に位置しており、ツーリングスポットとしても多くのライダーから人気を集めています。春にはいちご狩りが楽しめる農園があるほか、そば打ち体験や豆腐作り体験なども実施しています。

また、ツーリングに行った際にぜひ入っていただきたいのが、薬師の湯とよばれる温泉施設。自然を眺めながら楽しめる大浴場のほか、休憩室やマッサージ、整体、食堂なども完備。入館料は600円という安さで、思う存分温泉を楽しみ、ツーリングの疲れを癒やすことができます。

大自然を感じながら温泉を楽しむ体験は、都心では普段決して味わうことができない贅沢な時間です。レンタルバイクで気軽に日帰りツーリングをしながら楽しむことができるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。秩父市街地からは約20km、バイクであれば30分程度で到着し、走りやすい道路も整備されているためバイクの初心者にとっても安心です。

 

■レンタルバイクだからこそおすすめしたい埼玉のツーリング

レンタルバイクは返却時間も決められており、どうしても遠くまでツーリングに出かけることは難しいものです。しかし、だからといって遠方まで新幹線や飛行機で行って現地でレンタルバイクを借りるのも面倒に感じてしまうもの。都心部からでも手軽に日帰りでツーリングを楽しみたい方であっても、埼玉県内であればレンタルバイクを朝に借りて当日の夜に返却することも十分可能です。

今回紹介したツーリングスポット以外にも、埼玉県にはまだまだ多くのポイントが存在しているため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

埼玉県のレンタルバイク店舗一覧を見る

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す