北東北でも有数の観光スポットが点在する秋田県は、ツーリングにも最適な場所が多いことでも知られています。特に春から夏にかけては爽やかな気候に恵まれ、日本海に沈む夕日を眺めることもできます。今回は東北を訪れた際にはぜひ行っていただきたい秋田県のツーリングスポットをいくつかご紹介します。

 

■男鹿半島

男鹿半島は秋田県の北西部に位置しており、秋田名物なまはげでも有名な場所です。秋田市中心部からは約50km、バイクであれば1時間程度で到着するため、市内でレンタルバイクを借りて日帰りツーリングを楽しむ際にはおすすめのスポットです。なまはげの歴史などを紹介する「なまはげ館」や、「男鹿水族館GAO」、日本海の絶景を望める入道崎など男鹿半島には数多くの見どころがあり、ツーリングを楽しみながら観光スポットを回ってみるのもおすすめです。

男鹿市内に入ると海沿いの道をひたすら真っ直ぐ走っていくルートと、内陸を横切るようにして走る「なまはげライン」というコースもあります。時間に余裕があり景色を楽しみながら走るのであれば海沿いの道が、時間に余裕がない場合はなまはげラインを通ったほうが良いでしょう。ちなみに、なまはげラインのほうが道幅も広く直線の道が続くため、ツーリング初心者にとっては走りやすいコースといえます。

 

■田沢湖

秋田県の東部、岩手県にも近いところに位置しているのが田沢湖です。秋田市中心部からは約70km、お隣の岩手県盛岡市からも60kmの位置関係にあり、両県はもちろん東北各地からの観光客も多く訪れるポイントです。

田沢湖畔には「たつこ像」とよばれる金色の銅像が建てられており、その神秘的な姿を一目見ようと多くの観光客が集まります。湖の周囲は約20kmで道路も整備されているため、バイクで回りながら田沢湖をさまざまな角度から楽しんでみるのもおすすめです。

ちなみに、盛岡駅からも1時間半程度で到着するため、首都圏から新幹線に乗って盛岡駅で降り、レンタルバイクを借りて田沢湖のツーリングを日帰りで楽しむことも十分可能です。

 

■角館武家屋敷

角館武家屋敷は秋田県仙北市にある観光スポットです。先ほど紹介した田沢湖からは10km程度と近い位置関係にあり、秋田と岩手を横断する国道46号線沿いにあるためアクセスも良好です。秋田市内、盛岡市内からのルートはともに適度にワインディングが続いており、道中はツーリングを存分に楽しむことができるはずです。

角館武家屋敷は秋田県内有数の桜の名所としても知られており、武家屋敷通りには枝垂れ桜が、桧木内川沿いにはソメイヨシノが咲きほこります。桜の見頃は4月下旬から5月にかけて。近隣には臨時の駐車場も開設されるため、バイクの駐輪スペースに困ることもないはずです。

また、その名の通り趣のある武家屋敷が軒を連ねているため、桜のシーズン以外にも歴史を感じながら古い城下町の雰囲気を楽しむことができます。ちなみに、武家屋敷周辺にはさまざまなお土産物店や飲食店も多く点在しているため、ランチやお茶を楽しむ際にも最適です。

 

■交通量も少なく快適なツーリングが楽しめる秋田県

今回紹介した3つのツーリングスポットは、秋田県内のなかでも有数の観光地でもあります。しかし、都心部とは異なり、比較的交通量も少なく道幅も十分確保されているため、初心者であっても快適にツーリングを楽しむことができるはずです。普段乗りなれていないレンタルバイクであっても、市街地のように込み入ったルートを走る必要もないため安心です。

もちろん、これ以外にも秋田県にはまだまだ多くのツーリングスポットがあります。北東北を訪れた際には、レンタルバイクを借りて秋田県のツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

秋田県のレンタルバイク店舗一覧を見る

レンタルバイクを探す

その他の条件で探す
車種で探す